今回の副作用は強めでした・・・

抗がん剤を打ってきた日は割と元気に過ごしていたセイラですが、2日後の18日に副作用が出始めました。

朝から食欲がなく、フードも食べられず元気がありません。

この日は気温がガクンと下がり寒かったのでセイラお気に入りの毛布をかけてあげると、静かに横になっていました。







9時過ぎ頃から震え出し、自分の落ち着く場所を探して家中をウロウロと歩き回り始めました。

これは部屋の隅っこの暖房の横です。






息子たちのおもちゃを入れている入れ物の上に乗っていたりもしました。






セイラの為に布団も敷いたし、ミライの隣にも余裕のスペースはあるのに、その後もピアノの下に潜ったりとセイラは落ち着かない様子でした。


食欲が落ちるのは毎月のことなので、病院で処方された薬を飲んで様子を見ていたんですが、夕方になっても震えが止まらず、更に水のような下痢をしたので急いで病院へ駆け込みました。

病院で点滴と、下痢止、痛み止め、吐き気止等数種類の注射をしてもらって帰ってきましたが、夜21時頃まで震えて辛そうな様子でした。

10時頃には私も眠ってしまったんですが、夜中に気づいたときには震えは止まり、布団で落ち着いた様子で眠っていました。

今回は病院へ連れていく判断が遅くなってしまい、セイラに辛い時間を長くしてしまって可哀想な事をしてしまいました。

震えていても数時間で治まる場合もあり、病院に対して恐怖心が強いセイラは行くことで精神的なストレスになる事も考えられるため判断が遅くなってしまったんですが、やはりいつもと違う症状が出た場合には早めに受診するのがセイラにとっても家族にとっても安心だとつくづく思いまいた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です